ブログ

代謝をUPする「豆乳甘酒」!

2017年01月28日

最近、テレビでもよく取れ挙げられている「豆乳甘酒」・・・知ってますか? 

掲示板でもご紹介していますが、「豆乳甘酒」の活用効果とレシピが大盛況!

補充するとなくなってます!(^^)!・・・・・・では、ご紹介します。                               

 

冬太りの原因、『ぬくぬく暖房生活による代謝の低下』にあり!

毎年、冬に太ってしまう「冬太り」、しかたないと思っていませんか?

ある女性誌のアンケートによると、「冬太り」に悩む女性の割合は96%!みなさんも「冬は食べる機会も多いし、

太りやすいのは当たり前、痩せにくい!」と考えていませんか?

「冬は痩せやすい環境や、その要素がいくつもあると考えられる」とのこと!

そのキーワードとなるのが…「代謝」! 

代謝とは「生命を維持するために筋肉や内臓を動かしたり、体温を保つために使われるエネルギー」のこと。 

そしてこの「代謝」は、季節によって変わるのだとか。季節ごとのグラフを見てみると冬は代謝が高いという結果に。

冬は体温維持のため、代謝が高くなるというのだ!

なぜ「冬太り」してしまうのか?

「冬太りの原因は、ぬくぬく暖房生活による代謝の低下にある!」とのこと。 

当然、食べ過ぎや運動不足が主な原因ではあるが、エアコンやこたつなどに頼り切る生活によって、

冬でも代謝が上がらなくなっているのも原因のひとつだというのだ!

食べて代謝を上げるスペシャルドリンク『豆乳甘酒』

代謝は大きく3つに分かれている。

1)最低限の生命活動を行う「基礎代謝」
2)運動による代謝(生活活動代謝)

3)食事による代謝(食事誘導性熱代謝)

とはいえ、太りにくい身体にするために冬でも寒い中で生活するのは無理! 

食事による代謝で、太りにくい身体を作ることを提案。

そのスペシャルドリンクが「豆乳甘酒」!!
   豆乳甘酒無調整豆乳と米麹の甘酒を混ぜ合わせたもの    

豆乳甘酒が代謝を上げるメカニズム

★豆乳のたんぱく質
豆乳のたんぱく質は エネルギーになる栄養素の中でも、効率よく食事による代謝を上げてくれるもので、

動物性たんぱく質と比べてカロリーも低く、ヘルシーという利点も。

★甘酒に多く含まれるブドウ糖
豆乳のたんぱく質の代謝アップ効果をより強力にさせてくれるのが「ブドウ糖」。

ブドウ糖は素早く吸収され、脳のエネルギー源になる。すると脳が活性化され、脳が代謝の指令を的確に

出せるようになる。つまりブドウ糖は代謝を上げる、いわば「着火剤」!

 いつ飲むのがいいのか??           

朝食に豆乳甘酒を摂取することが、スムーズに代謝を上げ、    

1日を通して代謝を高い状態にキープすることにつながるそう。

朝食の際、主食のご飯やトーストを豆乳甘酒1杯に置き換えて

飲むだけで、朝から代謝をアップさせられる。

「豆乳甘酒」の作り方

①無調整の豆乳130ccに、米麹の甘酒を大さじ3杯を加える。

②500wの電子レンジで1分30秒温めたら…豆乳甘酒の完成!!※米麹の甘酒を使用

朝食の主食と豆乳甘酒を置き換える「豆乳甘酒生活」のルール

  • ★豆乳甘酒を1日1杯、朝食の主食を豆乳甘酒に置き換える(豆乳甘酒だけはダメ!)
  • ★期間は15日間 
  • ★それ以外は普段通りの生活

 

私も実践中です!(^_-)-☆ 身体がポカポカしてきます。

温め過ぎない方が甘さと香りが良く、飲み易いですよ。

しょうがのすりおろしたものを加えるとより一層、代謝がUPします。

朝食を「豆乳甘酒」に置き換えて、代謝をアップしましょう!

 

事務局 F…アスリートフードマイスター